ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  2013年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/27】冨塚八幡宮

今年のGWはUQをぶち込んで9連休くらいにして東海道を走ってきました。
とはいえ、去年、三嶋から名古屋まで走ったので補完する感じで。

というわけで27日の朝3時半に起きて出発して
初日で箱根を越える!

と、思っていたのに起きたら4時半過ぎ。
前の日に飲んだくれていたのが原因か。
急いで準備して5時50分出発。

東海道を制覇するからには勿論日本橋を目指す。
1号を走るだけでいいはずなのに、色々迷ったり
権太坂でヒイヒイいったりとしながらも冨塚八幡宮到着。
東海道五十三次の5番目の宿場である戸塚宿があります。

H25042701冨塚八幡宮

■冨塚八幡宮
創建:1072年
祭神:誉田別命
   富属彦命

源頼義・義家父子が前九年の役平定のため奥州下向の折りにこの地に露営した際、
夢の中で応神天皇(誉田別命)及び富属彦命の神託を授かり、
その加護によって戦功を収めたため、延久4年(1072年)富塚山中腹に社殿を造り、両祭神を勧請したもの、だそうな。
富属彦命は相模国造の二世孫で、
境内山頂に富属彦命の古墳があると伝えられ、
これを「富塚」と呼んだことが「戸塚」の由来とされている。
別当寺の情報を調べてみたけど見当たらない。
ずっと独立した神社だったとは考えがたいけど。
平安後期、武士が台頭する時代になると関東近辺で八幡宮が多く作られるように多くなりますね。


とまぁ、ネットで調べるとこんなところ。
うちから出発してちょうど50キロくらい、時間にして4時間くらい掛かっているので
早いのかといわれると遅いペースだけど
まぁ自転車はマイペースで走るのが無事走りきるコツです。

DSC_4775.jpg

ところで冨塚八幡宮の「冨」は「富」じゃないことに意味があるのかなぁ。
八幡信仰は前に少し考察したのでスルー。
スポンサーサイト
[ 2013年07月07日 18:08 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。