ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/07/06】神泉苑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/07/06】神泉苑

新撰組の史跡廻りを目的に京都に来たものの
思ったよりチェックした場所を回れてしまったので
どうしたものか、途方に暮れる。
こういうときに一人でふらっと遊びに行りますね。
京都市内はいろいろもう回っているし…
と、思っていてもまだまだ全然行っていない場所が多いです。

千本通を当て所なく北上していたら
二条まで来てしまった。
そういえば二条城ってまだ入ったことないなぁ…
要予約なのでこの日も勿論入れませんが、ちょっと外観でもとぶらり。
途中で「神泉苑」の看板が見えたので寄り道。

11:45 神泉苑到着

H25070602神泉苑

■神泉苑
創建:824年
宗派:東寺真言宗
本尊:聖観音 不動明王 弘法大師

神泉苑は、元は平安京大内裏に接して造営された天皇のための庭園でした。
794年、平安京遷都とほぼ同時期に、当時の大内裏の南に接する地に造営された禁苑でした。
当初の敷地は二条通りから三条通りまで、南北約500メートル、
東西約240メートルに及び、池を中心とした大庭園でした。
当時の平安京の御所は、今の京都御所より西側にあり
今の千本通あたりが昔の朱雀大路と思われます。
そうするとなぜ南西に東寺があるの?という疑問にも解りやすいですね。
今の東寺はまさに東側に、対になるように西寺があり、そこの中心が朱雀大路です。
西寺はもう跡地が残るだけで、今は公園となっていますが。
平安時代の内裏の位置は北は一条通までで
北東の隅に晴明神社、北西の隅に大将軍八神社、
南東の隅に神泉苑、南西の隅が朱雀第四小学校の辺りになるのかな。
まぁざっくりですが。

神泉苑には竜神(善女竜王)が住むといわれ、
824年に西寺の守敏と東寺の空海が祈雨の法を競い、
空海が勝ったことから以後東寺の支配下に入るようになったといわれています。
善女龍王は雨乞いの対象である龍王のうちの一尊で、
法華経・提婆達多品に現れる八大竜王の一尊、沙掲羅龍王の三女です。
清瀧権現と同一視されます。
さんずいを取ると「青龍」となります。
水神であり日本では滝を神格化した際に同一視されている場合が多いようですね。
本地仏は准胝観音と如意輪観音。
清瀧権現を祭る有名な寺院として醍醐寺がありまが、
醍醐寺にはまだお参りをしていないのでそのときに調べてみよう。メモメモ
高雄山神護寺も清瀧権現を祭る寺院です。
神護寺は和気氏の私寺で、前進の神願寺は和気清麻呂が創建です。
清麻呂の名前にも「清」が入っていますね。
神護寺もまだお参りしていないのでいずれ。
どちらも京都市内ですが、山奥にあるのでなかなか気合を入れないとお参りできません。

863年、都に疫病が流行り、神泉苑で御霊会が行われましたが
その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念しました。
869年には、全国の国の数を表す66本の矛を卜部日良麿が立て、
その矛に諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓い、
神輿3基を送り薬師如来の化身・牛頭天王を祀り御霊会を執り行ったのがその起源であるといい、
66本の矛を立てた場所が神泉苑の南端、三条黒門通りにある八坂御供社、であったそうです。

DSC_8688.jpg

神泉苑に着いたら母娘の親子が池の近くで散歩をしていて
微笑ましい光景でした。
池の上に善女竜王社が建っているのでまずはお参り。
善女竜王社の右手側に「歳徳神」を祀る祠があり、
毎年大晦日の晩に恵方に祠の向きを変えるそうです。
歳徳神は、陰陽道でその年の福徳を司る神で、
牛頭天王の妻であり娑竭羅龍王の娘、頗梨采女と同一視されています。
さてこの「頗梨采女」は娑竭羅龍王の三女ともいわれ、
とすると頗梨采女=善女竜王=歳徳神ということとなります。
牛頭天王と頗梨采女夫婦は素戔嗚尊と櫛稲田姫と習合されています。
八坂神社の祭神と神泉苑の祭神が夫婦というわけですね。

本堂をお参りして、方丈でご朱印をお願いして池の周りをうろうろ。
思ったより大きな池だなぁ
池には結婚式場が併設されていて
池には龍王船が浮かんで、なかなか豪勢です。

さて、お昼も近いのでどこかで何かを食べようか…
と、自転車に戻ります。

スポンサーサイト
[ 2014年02月12日 22:25 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。