ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/10/13】子守神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/10/13】子守神社

船橋大神宮から千葉街道を東にひたすら走ると
「検見川神社」という矢印が左手側に見えたのでそちらに回ってみたところ
まだまだ全然すぐ近くじゃなかったみたい…紛らわしい!w
千葉街道を少し北に上がるだけで結構な高低差がある。
その昔はこの辺まで海だったんだろうか。
折角なので京成千葉線沿いに幕張を目指そうと走っていると
「神社」という字が見たのでちょっとお参り。

10:53 子守神社到着

H25101302幕張子安神社

■子守神社
創建:1194年
祭神:奇稲田姫命 素盞嗚尊 大己貴尊

「こもり」ではなくて「こまもり」神社。
1194年、大須賀胤信によって創建されたとのこと。
大須賀胤信は房総平氏宗家である桓武平氏良文流千葉氏の一族・大須賀氏初代惣領です。
千葉氏の一族ですね。
母は秩父重弘の娘とあるので、千葉氏と秩父氏どちらも平氏の末裔なので
政治的な結びつきも強かったと想像できます。
古くは素加大王神社と呼ばれ、胤信が馬加城内に創建したものが
1508年、現在地に移されました。
「馬加(まくわり)」が転じて、「幕張」になったのかな。
素加大王神社は大須賀氏に通じ、
また須賀神社も連想できる。
須賀神社は牛頭天王を祭神とする祇園信仰の神社なので
素盞嗚尊を祭神としていると思われます。
社名の「子守」は「下総三山の七年祭り」の中での
子守神社の役割が「子守」だからでしょうか。

DSC_1747.jpg

神社は近年修復されたようで全体的に綺麗です。
こちらにも数組の七五三客が。
家族連れの邪魔にならないようにお参りを済ませご朱印をお願い。

再び千葉街道に戻って検見川神社を目指します。
スポンサーサイト
[ 2014年03月02日 17:27 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。