ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/2/9】諏訪大社上社前宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/2/9】諏訪大社上社前宮

上社本宮と法華寺は隣接しているが、
前宮は少し茅野駅に近い。
途中、守矢資料館に寄ろうか悩んだけど、
午後からは茅野駅から上諏訪駅まで歩こうと思っていたので
少し巻かないと。
すでに11時を過ぎていた。

前宮は諏訪祭祀発祥の地ともされる古い神社。
個人的には諏訪大社の四社の中で一番お気に入り。
なぜなら世俗的じゃないからw
自分みたいな好事家が行く時点で氏子や信者からしたら
世俗的なのかもしれないけど。。

H25020902諏訪大社上社前宮

■諏訪大社上社前宮
創建:不明
祭神:八坂刀賣神 (本地 千手観音)
   御左口神(御社宮司神)

創建は不明、本宮よりも古いともされてます。
駐車場から社務所を横目に鳥居をくぐると
まずは十間廊が左手に見えてきます。
十間廊は上社の神事「御頭祭」が行われる施設で、
「御頭祭」鹿の頭を75頭、他鳥獣魚類をお供えする行事。
75頭の鹿の頭の中には必ず耳が裂けたものがあり、
「高野の耳裂鹿」と呼ばれ、諏訪の七不思議のひとつです。
今は剥製の鹿の頭を並べているだけだったかな。。
神聖な神社でなんとも血なまぐさい神事で、穢れを嫌う
日本の神道的ではない行事というところが面白い。
諏訪には古くより「鹿食免(カジキノメン」という札があり、
獣肉食が禁じられていた江戸時代に、この札を持っていれば
狩猟し食しても良いと言う免罪符のようなもの。
まぁ「サクラ」だ「ボタン」だとかいって獣肉を食す文化は
江戸時代にも残っていましたけども。。
ちなみに諏訪では狩猟の神を「千鹿頭(チカト」神といい、
この神事を連想させる名前(当て字)になってます。
今でも諏訪にはいくつか千鹿頭神社という千鹿頭神を祭る神社もあり、
千鹿頭神は建御名方神の子供とも言われています。

と、日本でも珍しい神事を執り行う場所が十間廊。
十間廊は別名、神原廊とも呼ばれ、
そもそも前宮は諏訪の現人神たる大祝の住居「神殿」があった場所で
周辺一体を神原と呼んだためか。

十間廊を過ぎると右手側の巨木の下に祠が見える。
そこが「御室社」と呼ばれ、御室神事を行った場所。
==
中世までは諏訪郡内の諸郷の奉仕によって半地下式の土室が造られ、
現人神の大祝や神長官以下の神官が参篭し、
蛇形の御体と称する大小のミシャグジ神とともに「穴巣始」といって、
冬ごもりをした遺跡地である。
旧暦12月22日に「御室入り」をして、翌年3月中旬寅日に御室が撤去されるまで、
土室の中で神秘な祭祀が続行されたという。らしい。コピペ。
==
まるで蛇が冬眠するがごとき神事です。
前宮はおそらくこの「御室社」がもっとも神聖だったのではないかと感じるけど、
時代が進むにつれて御室神事は廃れ、
他の社同様に拝殿を拝む形になったのかな。

そこからは少し参道、というか農道?を上る。
左手には諏訪湖へ流れる水眼川。
水の流れは清らかで、神社と相俟って神聖に見える。
途中で水飲み場もあるので勿論頂いた。
うん、冷たいw

高台の拓けたところに拝殿がありお参り。
拝殿は守屋山を拝むように配置されている。
本宮と違って分かりやすくていい。
地図で位置を見ると山頂というよりは杖突峠、
もしくは守屋山神社へ向いているようにも見える。
ともあれ、守屋山を信仰する形に変わりはないか。。

祭神は建御名方神の妻で八坂刀賣神。
上社を建御名方神、下社を八坂刀賣神と一般には言われ、
「御神渡り」伝説の通り、上社の男神が
下社の女神の元へ通った道、とあるように
いつの時代からか八坂刀賣神は下社の女神になったようですが
上社前宮の神。
八坂刀賣神は古事記に出てこないため、諏訪独自の神なのか。
女神であり、建御名方神の妻であるという性質しか見えてこない。
八坂刀賣神は別名「八坂富神」とも表記し、
建御名方神も別名「建御名方富神」とも呼ばれ、
「建」は武神への冠のようなものなので
古くは「ミナカタトミ」と「ヤサカトミ」、
トミすらただの美称字ではないかとも思うので
湖の神である「南方神」と、豊作を願う言葉である「弥栄」の神、
一方は湖そのものを信仰し、その恩恵のような神だったのか。
まぁ空想ですけど。
「八坂」というと八坂神社でおなじみ祇園様も連想させる。
ともあれ、農耕文化から来る神様ではないかと思うので
前宮の祭神になったのは神道を整備した経過での後付なんだろうなぁ。
上社と下社の関係を密教の曼荼羅に見立て、
上社が胎蔵界、下社が金剛界という配置なのかなとも思ったけど
千手観音じゃどうもしっくりこない。

諏訪の明神は竜神である、という長野に伝わる説話もある。
蛇神であるミシャグヂと水の神である竜神信仰が混ざったものなのかな。

http://www.geocities.jp/sizen_junnosuke/ryudensetu8.html

甲賀三郎伝説というものがある。
南北朝時代に作られたの説話集「神道集」にある「諏訪縁起の事」で、
甲賀三郎諏方が冒険の末、諏訪明神になったというもの。
物語としては大国主命の「根の国訪問」の下りに似ている。
諏訪の町を歩くと土蔵に大黒様のイラストが描かれた家が目立つ。
大国主神は大黒様にも通じるので、
関連があるのかなぁ。
さてこの、甲賀三郎の嫁は春日姫といい、
大和の春日郡にある三笠山明神の春日権守の孫の春日姫であるという。
藤原氏とのつながりもあったのかな、
先の「藤の枝」は藤原氏との関係を表しているかも知れない。

DSC_3524.jpg

ちなみにグーグルのストリートビューでここまで見れることに驚いたw
スポンサーサイト
[ 2013年02月23日 10:12 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。