ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/2/10】甲斐善光寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/2/10】甲斐善光寺

下諏訪を後にし甲府を目指す。
新刊を出すに当たって甲州街道沿いの寺社のご朱印と考えていたけど
諏訪から先の長野は充実してるのに山梨は武田神社しかない、
これじゃあ偏りすぎだろうと思い、甲府でも幾つか頂くことに。
本末転倒である。

甲府駅から身延線で善光寺下車。
善光寺までは善光寺通りという道があるので一直線で着きます。

H25021002甲斐善光寺

■定額山 浄智院 善光寺
創建:1558年
宗派:浄土宗
本尊:善光寺如来

読んで字の如く、善光寺。
武田信玄が信濃侵攻の際に、善光寺に戦火が及んだために
善光寺の秘仏を甲府に移したといわれる寺院。
善光寺の本尊である一光三尊阿弥陀如来は絶対秘仏なので
貫主ですら実物を見ることはできないそうで
信玄は見たのかな…
江戸時代に秘仏を検分したという記録があるので
今でも長野の善光寺の秘仏は存在するようだけど。

善光寺の阿弥陀如来は、難波の堀江に捨てられたこの仏像を
602年(推古天皇10年)頃、本田(本多)善光という者が発見し、
出身地である信濃国麻績の里(現在の長野県飯田市座光寺)に持ち帰って祀ったもの。
その後642年、阿弥陀如来が善光に命じたところにより現在の長野県長野市に移され、
ここに建てられた堂宇が今の善光寺の始まりとされる、そうです(wikiより

善光寺縁起によると由縁は古く、
印度からなんだかんだ(割愛)で百済に渡り、聖明王より日本に送られ、
有名な蘇我氏と物部氏の崇仏論争の原因になります。
崇仏派の蘇我氏が預かることになるが、反対派の物部氏によって奪われ、
大阪湾に捨てられたものを本田善光が拾い上げた、という話です。
小坂観音院でも書いたけど「仏像を池(海)から拾い上げて祭る話」は
おそらく雛形があるんだろうなぁ
ちなみに浅草寺も隅田川から引き上げた仏像を祭っています。
おそらくは大陸、というよりは朝鮮半島から日本に渡った仏像なんだと思う。
けれど中世以降、仏教国は三国、印度(天竺)、中国(震旦)、日本(本朝)で育まれたという説や
三教枝葉果実説「日本は種子、震旦枝葉、天竺は果実であり、神道は根幹で、儒教は枝葉、仏教は花実である」というもの、
から見られるように、中世以降の日本の宗教界は朝鮮半島を黙殺している事実があり、
この三国世界観に存在しない朝鮮から、日本へ送られた、とは書けなかったんじゃないかなぁと想像。
まぁだからといって広隆寺の弥勒菩薩半跏像はウリのものニダ、となっていいわけでもないw

さて、話は逸れましたが、本田善光の出身の信濃国麻績の里は今の長野県飯田市座光寺で
ここは現在は元善光寺という寺院があります。
隣接する形で麻績神社があり、祭神は建御名方命。
その後に移った信濃国水内郡芋井郷(現在の善光寺)は彦神別神社がある。
諏訪大社と善光寺になんらかの関わりがあったんじゃないかと思うけど
明確な接点が見出せないなぁ。
本田善光も信濃の国の土民ということしか縁起にも無いので正体不明です。
「扶桑略記」によると、仏像を秦巨勢大夫に命じ信濃国に送ったと記しているので
誰が信濃に持ち込んだのかは書かれていません。
命じたのは秦氏の一族となると、秦氏は百済からの渡来人。

水内郡芋井郷は今の長野市の善光寺の西側あたりだけど
以前は善光寺周辺まで芋井という地域だったらしい。
芋=鋳物の転訛した地名であることが多く、
芋井地区は今の「長野市鑪(タタラ)」というところにあるので
善光寺周辺には古代、製鉄所があったのかな。
阿弥陀如来の安置される前の善光寺は諏訪大社と縁があり、製鉄の地だったと想像できる。

甲斐善光寺じゃなくて善光寺の話になってしまったw
ちなみに善光寺の秘仏を持ち込んだのは当時善光寺の別当を務めた栗田氏で
川中島の戦いで武田方(善光寺の里栗田)・上杉方(戸隠神社の山栗田)に分裂した氏族。
同じ寺院内でも派閥があって各々分かれて争ったのか、
はたまた一方にのみ肩入れした結果、敗れた場合の取り潰しを恐れて
里派と山派に分かれて武田と上杉についたのかはわからないけど。
当時の北信地方の寺社勢力は、善光寺と戸隠神社(戸隠山勧修院顕光寺)、武水別神社(更級八幡神宮寺)、
小菅神社(小菅山元隆寺)とあっていずれも武田と上杉の戦火に見舞われてます。
当時の寺社は武士みたいなもんだけど。

甲斐善光寺に移された秘仏は武田氏衰退の後、
最終的には徳川家康により慶長3年(1598年)に元の信州善光寺に戻されました。
なので今ある本尊は一緒に善光寺から持ち出された際の前立像で秘仏になってます。
善光寺のご開帳で7年に1回(正確には6年毎に丑年と未年)に見れる仏は
前立像であって、秘仏をご開帳してるわけじゃありません。
ご開帳の翌年が御柱祭。
御柱祭の前年にご開帳をすることに意味がありそうだけど。

…結局長野の善光寺の話ばかりになってしまうw

DSC_4344.jpg

境内から富士山が拝めていい寺院です。
見た目はやはり小さな善光寺といったかんじ。
スポンサーサイト
[ 2013年05月11日 10:35 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。