ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/2/10】酒折宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/2/10】酒折宮

甲斐善光寺から歩いて1キロほどで酒折宮へ。
住宅街をぶらぶら行くとちょっと小高い丘に杜が見えるので
なんとなく神社があると分かります。
住宅街の神社巡りは森が目印ですw

H25021003酒折宮

■酒折宮
創建:不明(1900年ほど前?)
祭神:日本武尊

ご朱印にもある通り、連歌発祥の地とされています。
そもそもは記紀による日本武尊の東征に基づくもので、
東征後の帰路に、甲斐国(現 山梨県)酒折の地に立ち寄って営んだ行宮が由来とされ、
在行中に日本武尊が詠んだ歌に家臣の者が答歌したことから
連歌発祥の地、とされているんだとか。
ただし、この記紀にある「酒折の地」がこの酒折宮なのかどうかは異論もあるというので
はてさて…
元々この地に、裏の御室山に関する祭神不明の祠か社があったところに
江戸後期以降盛んになった国学、古事記研究の結果、この地が酒折の地じゃないか、と
解釈したことから遡って酒折宮の歴史が生まれたんじゃないかとも
思ってしまうけど、思ってしまっただけです。
縁起や由来にけちをつけるつもりはありません。
自分が浅学なだけです。
まぁ明治以降に整備された国家神道によって
多くの神社が歴史を書き換えられたり、合祀や廃仏毀釈で
本質が見えづらくなっているからなぁ…
巷に溢れる「天祖神社」なんてのも昔は「○○神明社」「○○神明宮」だったのを
明治期に「天祖(天照の)神社」と、社名も祭神も改まっているので
歴史自体は1000年あるけど祭神は150年前に挿げ替えられている
なんてのも少なくないし…

まぁ酒折宮は地元の郷土史研究家あたりが
周辺の信仰や史跡を調べて、偏見を持たずに研究してほしいものです。

DSC_4389.jpg

境内には参拝者は他に居らずとても静か。
まぁ甲斐善光寺もすごい賑わっていたわけでもないけど…
山梨の人は参拝といったらやはり武田神社に行ってしまうのかな。
山県だの本居だの(平田か?)の書いた石碑が境内にあるけど
漢文でみっしり書かれているので1行目で読むのを止めました。。

と、こんなかんじで諏訪~山梨の参拝旅行は終了。
ティア104の新刊の取材のつもりだったので
そっちにも全部載せてあります。

comic zinさんで委託をして頂いているので是非(宣伝

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=16390

売り上げは僕のアルコールに変わるだけですが…
スポンサーサイト
[ 2013年05月18日 16:12 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。