ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/3/16】宮益御嶽神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/3/16】宮益御嶽神社

3月になってだいぶ暖かくなったこともあり、
原稿描くのにも飽きていたので久しぶりにポタリング。
寒いと自転車に乗るのも億劫になります。
この日は青山のgofaで恒例の冬目景の個展の初日で
12時開始だからちょっと早めに行ったつもりが10時前に着いてしまい
まさかの一番乗り。
個展を見終えて渋谷周辺のお参り。
まずは宮益坂の御嶽神社へ。
ここは何度か足を運んだけど社務所不在でご朱印を頂けた事がなく
改めて再訪。

H25031601渋谷御嶽神社

■宮益御嶽神社
創建:室町時代初期(1400年頃)
祭神:日本武尊

渋谷駅前の雑居ビルに囲まれた中にぽつんと鳥居が出てきて、
通りには多くの雑踏が溢れているのに、境内はひっそり。
都心の寺社の良いところは、人口密度が一気に少なくなって
ちょっとした異界感が得られるところにあると思う。

めでたくご朱印を頂く事ができたけど書置きで
日付も入れられない、とのこと。残念。
御嶽神社は宮益町の氏神で、旧地名も「美竹(ミタケ)町」と言ったそうな。

御嶽は「オンタケ」と「ミタケ」と読む場合で系統が異なり
オンタケの場合は木曽御嶽山から来る山岳信仰、
ミタケは吉野の蔵王権現の信仰が由来のもので
大雑把に分けられます。
どちらも蔵王信仰には変わりませんが。。
「ミタケ(オンタケ)山」と呼ばれる山は日本に多くあるので
主祭神が蔵王権現だったり大己貴命だったり日本武尊だったりと
同じ「御嶽神社」でも部分的に異なるみたいでややこしい。
宮益御嶽神社は金峰神社の分祭社のようです。

ちなみに蔵王権現は日本独自の神で、「権現」は「権(仮)に現れた」という意味。
役小角が、吉野の金峯山で修業中に示現したという伝承があり、
釈迦如来、千手観音、弥勒菩薩の三尊の合体したものとされ、
今でも吉野山の蔵王堂には互いにほとんど同じ姿をした3体の蔵王権現像が並んで本尊として祀られています。
仏様は遥か彼方の極楽浄土におられて姿が見えないが、
その仏様が日本では八百万の神となって仮の姿を現すのだ、という
若干都合のいい考え方が広く信じられていたので
日本独自の○○権現が中世以降多く生まれました。
遥か彼方の本地では大日如来であるが、その神意や霊光は日本独自の神となって垂迹し、
その姿が天照大神なんだよ、というのが本地垂迹説。
「垂迹」というのは「仏が生れ変って仮にこの世に出現すること」を意味します。

修験道の盛んな山では蔵王権現を祭るお堂が多くありましたが
明治期に修験道は禁止令が発せられ、また廃仏毀釈の波も相俟って
多くのお堂や坊は打ち壊されてしまい、衰退しました。
世界遺産の熊野古道もそんな風潮の中、熱心な信者や地元の氏子によって細々と維持されていたものを
世界遺産という観光ドル箱に目を付けた今の政府が手柄を横取りした感じで
150年前にひどい法令を発布してすいませんでしたのひと言でもあったのかな…
蔵王権現を祭るお堂は日本独自の神仏習合した形から仏教要素のみが排除されて
大己貴命、少彦名命、国常立尊、日本武尊 、金山毘古命の5柱を
今は祭ることが多いです。
金山毘古命は安閑天皇とも同一視されて安閑天皇を祭る場合も多いです。
安閑天皇は継体天皇の子で広国押建金日命という諡号のためだからとか。
国家神道は随分いい加減なものですな(

金山毘古命は吉野の金峯神社の祭神で、吉野の地主神であり
鉱山の神であり、金属の神様。
修験者は山岳修行の傍らで鉱山の発見や採掘をしていた漂流者だった説を
自分も採っているのですが、その鉱脈の在り処に目印として桜を植え、
今の吉野の桜は秀吉が天下統一後に、その目印を消すために多くの植樹をした、
なんて話もなかなか興味深いです。
まぁ宮益御嶽神社は勧請されたもののようなので渋谷で金の鉱脈があった、
ということはないと思いますけどw

境内の狛犬は日本狼をモチーフにした狛犬でなかなか珍しい。
日本狼は御嶽神社の眷属ですし。
日本狼を神格化したものが大口真神で武蔵国では結構見られます。
青梅の御嶽神社や秩父の三峰神社とか。
まぁ秩父では今でも猪料理が有名だけど
武蔵国の奥地では狩猟によって生計を立てていたために
狼(犬)はパートナーでもあり、
また農耕民でも害獣である鹿や猪のような獣から田畑を守る神獣として
篤い信仰を受けていたみたいです。
ただまぁアイヌにとっての熊と同じように神獣であると同時に
人間をも襲う獣であったため、畏怖の念もあったのかな。
明治期から徐々に減って今は絶滅種になってしまいましたが。
今でも境内で大口真神の魔除けの護符を買うことができます。

青梅の御嶽神社に行くには登山の準備が必要かな…

DSC_4528.jpg

境内には狼ではないけど猫が居たので遊んでもらおうと思ったけど
逃げられてしまった。。
スポンサーサイト
[ 2013年05月19日 16:00 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。