ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/3/16】金王八幡宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/3/16】金王八幡宮

渋谷といえば金王八幡宮。
実はお参りするのは初めて。
まだまだ23区にもお参りしていない寺社は多いです。

H25031602金王八幡宮

■金王八幡宮
創建:1092年
祭神:応神天皇

渋谷に渋谷城を築き、渋谷氏の祖となった河崎基家(渋谷重家)によって創建されたとされます。
渋谷氏は桓武平氏良文流の一流、秩父氏の一族からの分派で
相模国高座郡渋谷荘に寄り、本貫地の渋谷を名字としたことから始まります。
渋谷氏の祖となった河崎基家が前九年の役での武功により与えられた武蔵国豊島郡谷盛庄に渋谷城を築き、
戦の勝利は基家の信奉する八幡宮を勧請し、創建したのが神社の始まりです。

隣接する渋谷山東福寺は同時期に開祖された別当寺。
天台宗で阿弥陀如来が本尊です。
八幡神の本地仏は阿弥陀如来ですしね。
ご朱印を頂けるか伺ったところ、やっていないとのこと。残念。
神社と神宮寺はセットで欲しいなー…
境内は静かでいい雰囲気でした。
ごつい一眼レフを持った若いお兄さんに
「本堂の奥に猫が居ますよ」と教えて頂いたけど、
いませんでした;;

金王八幡宮の「金王」は基家の孫で渋谷金王丸常光に由来します。
父、重家には子がなかったため、当八幡宮で祈願を続けたところ、
金剛夜叉明王が妻の胎内に宿る夢をみて立派な男子を授かり、
その子に明王の上下二文字を戴き「金王丸」と名付けました。
金王丸17歳の時、源義朝に従って保元の乱で大功を立て、その名を轟かせましたが、
続く平治の乱では義朝は敗れ、金王丸は出家し、土佐坊昌俊と称して義朝の御霊を弔いました。

…まぁほとんどwikiからのコピペですがw

その後も渋谷氏は渋谷城を拠点としましたが、
室町時代、北条氏綱による関東攻略の際に北条氏の別働隊によって焼失し渋谷氏は滅亡しました。
とはいえ、滅んだのは渋谷宗家で
鎌倉時代に薩摩に移住した薩摩渋谷氏はその後も残り、
分家の薩摩東郷氏から東郷平八郎が出ます。
東郷の死後、渋谷に東郷神社が創建されたのにも縁を感じますね。
東郷自身、生前に神格化を嫌がったそうですが。。

DSC_4548.jpg

都心の神社は鎮守の杜の変わりに高層ビル。
昔は好きじゃなかったけど、最近はそれはそれで愉しめるようになりました。
参拝時はまだ早春というには早かったので
桜もまだ蕾が出てきた程度でしたが、満開になれば花見が楽しめそう。
…参拝客が多い時期にはあまりお参りしませんがw

ところで八幡神は皇祖神であり武神であるため多くの信仰を集めましたが
八幡神=応神天皇であるとして
なんで「皇祖神」として扱われたのだろうか。
伊勢神宮の天照大神でもよかったはずだし、
皇祖というなら神武天皇であってもいいと思う。
なぜあえて15代の応神天皇なのか。
しっくりくる考え方としては、後の26代継体天皇が「応神天皇の5代」であることを根拠に
福井から大和にやってきて天皇になったことに
王朝交代が行われたことを暗に示し、その後の朝廷が
祖としたのが応神天皇なんじゃないか、というものだけど
そもそも八幡神=応神天皇になったのはいつなんだろうか。
八幡神=ヤハタ=秦氏の氏神だったとも思うし、
八幡=ヤマン=ヤマタイで八幡神と邪馬台国の末裔が関係してるのだろうか、とか
そうなると宇佐=邪馬台国かな、と思うので
邪馬台国北九州説が面白くなってくる。

…妄想の風呂敷を広げすぎると収拾がつかないのでこの辺で。
スポンサーサイト
[ 2013年05月25日 15:33 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。