ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/4/27】報徳二宮神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/27】報徳二宮神社

13:52 二宮町入り。
もうすぐ小田原。
途中に川勾神社もあるけど素通り…
一応宿場1つに1つお参りというmyルールの元に走っているので
大磯宿のご朱印は六所神社で頂いてしまった。
次は小田原宿なので、二宮宿があれば寄ったのだろうけど。
いずれは行きますが…

ここまでくると海が近く景色が楽しめる。
山が近いからかアップダウンが少々気になるが。
途中、自転車旅中の女子3人組を追い越したけど
特に声を掛けるようなことはしません…

14:23 酒匂川を越える。
もうすぐ小田原城、と思っていたらすぐ着いたw
14:38 小田原城で1日目ゴール。
この日は107キロ走りました。
出発時間を2時間間違えなければこの日のうちに箱根を越えられたのに…
とはいえ、107キロも走るとすでにお尻が痛い。
思い起こせば、今年に入ってからなんだかんだでロングライドの練習することなく
東海道越えを迎えてしまっていたからなぁ…

H25042704報徳二宮神社

小田原城に隣接する報徳二宮神社にお参り。

■報徳二宮神社
創建:明治27年(1894年)
祭神:二宮尊徳

明治になって出来た新しい神社です。
祭神は二宮尊徳、通称二宮金次郎。
一昔前の学校には必ず像があったことでお馴染みの彼です。
赤貧であっても勤勉で、薪を背負いながらも書物を読んで勉学を怠らなかった姿を見習うべし、と
戦前から多くの学校に設置されましたが
校舎の立替等で昨今は消えつつもあり、
「薪集めを子供にさせるだなんて虐待だ」
「本を読みながら歩くのは危険」
「子供に働かせることを美化している」等、
トンチキな声も小数ながら上がっているとかで
ああ、二宮先生の思想は現代人には語り継がれませんでしたよ。

そんな二宮尊徳は1787年に小田原市栢山に百姓の子として生まれ、
幼少期に災害で田畑をなくし、若くして両親を失ったため、
伯父・二宮家に身を寄せて農業に励み、荒廃した田畑の復興に勤め、
20歳で生家の再興に成功したそうです、努力家です。
生家の復興に成功してからは地主経営の傍ら、
武家奉公人として小田原藩で働き、そこで才能を買われて
奉公先の家老服部家の財政立て直しを任され見事成功し、
その後も多くの領地の財政立て直しを手がけます。
大出世ですね。
武家奉公人というのは今で言うみなし公務員のようなものかな。
正社員というよりは契約社員のようなポジションでもあるのかな。
ちなみに当時の小田原藩は1707年の富士山の宝永の大噴火や度重なる災害で財政は逼迫し、
商家ですら金を貸したがらなかったそうで、
小田原藩の経済が如何に行き詰っていたのかがわかります。
そんな小田原藩が尊徳登用後に起こる1833年の天保の大飢饉では
日本中で多くの餓死者が出ましたが、
尊徳が財政再建を手がけた旗本宇津家の知行所の下野国桜町領では餓死者が出なかったといいます。
数年前から飢饉に備えて稗を蓄えていたことが功を奏したようです。
そんな尊徳の財政再建策を「報徳仕法」といい、
基本的な概念は「報徳思想」によるもの。
尊徳が説き広めた道徳思想であり、経済思想・経済学説のひとつで、
経済と道徳の融和を訴え、私利私欲に走るのではなく
社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されると説く。
詳しくはwikiっていただきたい。
その報徳思想が報徳二宮神社の名前の由来です。

DSC_4975.jpg

自転車は神社正面の駐車場の隅っこに自転車を置かせていただく。
神社のお参りの場合は良いけど、お城の観光の場合はだめらしい、ので
お参りが終わったら早く退けてくれとのこと。
観光客の車ばかりになったら邪魔ですもんね…

境内は庭の手入れも綺麗。
お参りして報徳会館内でご朱印を頂く。

小田原城を外観だけ眺めて近くのホテルにチェックイン。
大浴場は無いけど裏に温泉施設があるというので早速「万葉の湯」へ。
ちょっと高いけど綺麗だし、アメニティグッズも無料で
サウナもあり、さらにサウナ入り口に氷も置いてあって
氷を舐めながらサウナに入れるというありがたいサービス。
ここまでしっかりしているならちょっと高くても快適である。

小田原に来たからには海の物を肴に飲まないわけにはいかないと、
16時半頃から駅前で酒を求めてうろうろ…
一軒目は旬の鯵のなめろうとツブ貝の刺身。
二軒目も魚メインにがっつがつ喰って、グイグイ呑んだ。
が、107キロ走るとどんだけ食っても胃が満たされませんw
ほどほどにしてホテルに帰って就寝。
21時過ぎには爆睡してました。

明日は箱根を越えないといけない…ガクブル
スポンサーサイト
[ 2013年08月24日 18:40 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。