ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/4/29】石薬師寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/29】石薬師寺

前日22時には寝て6時起き。
自転車旅は走って喰って飲んで寝て。
ストレッチして、やはり前の日の疲れがまだ残ってるなーといった感じ。
痛みはそれほどないから問題ないか…
ホテルの朝食がサービスだったのでがっつり食べて
7:20ホテル出発

この日は東海道を走って難所鈴鹿峠を越えて滋賀県入りの予定。
ただただ1号を走れば良いだけなので簡単な道…

のはずなのに追分で間違えて旧伊勢海道に入ってしまい気付けば鈴鹿税務署の看板が(ぁ
もういっそこのままお伊勢参り…とも思ったけど
やっぱり京都がいい。
ので、軌道修正…こんなのいつものことですが。
県道27号に何とか合流して1号へ、少し戻って
8:22 石薬師寺着

H25042901石薬師寺

■高富山瑠璃光院石薬師寺
創建:726年
宗派:真言宗東寺派
本尊:薬師如来

寺伝では726年、泰澄がこの地で巨石の出現を見、薬師如来の示現と悟り、
草庵を設け供養したことが、当山の開創とされています。
泰澄は奈良時代の修験僧。
越前国麻生津にて、豪族三神安角の次男として682年7月20日に生まれて14歳で出家、
717年、越前国の白山にのぼり妙理大菩薩を感得し、白山を開山した僧侶です。
石薬師を開いたときにはすでに白山を開いた後ですね。
その後、812年、空海が巨石に薬師如来を刻み開眼法要を行い、信仰を集めるようになり
嵯峨天皇の勅願寺「高富山西福寺瑠璃光院」となります。。
神仏習合の痕跡がイマイチわからないのはやはり勅願寺だからかなぁ。
霊験あらたかな巨石というくらいだから権現様でもいいような感じもする…
この霊石薬師が秘仏として信仰の対象だったから
権現化する必要もないっちゃないか。。

1575年に織田氏の兵により堂宇は悉く焼かれてしまったとのこと。
この頃信長は伊勢侵攻の最中ですね。
桑名城は滝川一益がいたので、滝川の兵が火をつけたのかな。

1629年になって、当時の神戸城城主一柳監物が諸堂宇を再建し、
現在の本堂はこの時のものです。
また、東海道五十三次の宿場石薬師宿にちなみ「高富山瑠璃光院石薬師寺」に改称、
今に至ります。

DSC_5531.jpg

境内は緑が綺麗、しっかり手入れが行き届いた良いお寺です。
こういう観光客が少なくてもしっかり手入れが行き届いた(すごい失礼
神社やお寺は大好きです。
お参りをして社務所でご朱印を頂く。
東海道を自転車で走っている人も結構お参りに来るそうで
特に珍しがられることもなく…w
ここのご朱印帳もオリジナルで歌川広重の五十三次の浮世絵のものなのですが
買おうか悩んだ挙句、買わず…
今思えば買っておくべきだったなぁとちょっと後悔。

次の宿場は亀山ですが…
亀山城跡に亀山神社があり、そこで頂こうと思っていたけど社務所不在。
近くの忍山神社、布気皇舘太神社も社務所不在で亀山でのご朱印は断念。
こんなことなら亀山城に向かう途中で通った亀山八幡宮に寄っておくんだった…

こう振られるといっきに足の疲労が溜まる…
目指すは関宿。

スポンサーサイト
[ 2013年08月31日 19:08 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。