ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/4/29】水口神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/29】水口神社

田村神社から15キロくらい、自転車で1時間ちょっと。
基本時速は20キロくらいでゆっくり走るので
1時間で進める距離は15キロくらいです。
地図で次の目的地を確認したり、写真撮ったり信号待ちしたり、
なかなか時速=移動距離にはならないものです。。
1号から途中で野洲川沿いを走って水口市役所へ。
そこの裏手の公園になっている地区の一角が目的地の水口神社。

14:07 水口神社到着

H25042902水口神社

■水口神社
創建:伝垂仁天皇朝
祭神:大水口宿禰命

言い伝えは古く、倭姫命の巡幸をなぞった
稲田姫命の巡幸でこの地で4年間神鏡を祭ったことから始まる。
祭神の大水口宿禰命は穂積臣や采女臣の祖とされ、
『新撰姓氏録』では神饒速日命6世の孫で伊香賀色雄命の子とも、
『先代旧事本紀』饒速日尊の3世の孫である出石心大臣命の子とも言われ、
ニギハヤヒの血族ではあるけれど伝承に混同があるよう。
物部氏と関係のある氏族なのかな。
水口の地の開拓の祖として祭られています。
中世になると近接する天台宗の大岡寺の護法神とされていることから
天台宗の影響が強かったのだろうか。
大岡寺は686年に行基が諸国行脚に際し、大岡山の山頂に十一面千手観世音像を安置し創建された寺院。
やはり東海道沿いは行基の所縁の寺院が多い。
ちゃんと調べてお参りしておくべきだった…

宮司さんの苗字が「石王」さんといい、苗字がかっこよくて印象深い。

DSC_5821.jpg

立派な鳥居のある神社。
だいぶ疲れも溜まっていたので余り境内の印象がない。。
自転車巡りの悪いところです。
ご朱印をお願いしたら「バイクで東海道走ってるの?」と聞かれたので
「東京から自転車で」といったら驚かれた。
実際には静岡を走っていないので見栄を張った形になるけど…w
いちいち説明しなくたって良いじゃないw

14時を過ぎたのでこの日の宿を考える。
京都までも50キロ程度なので…この日のうちにゴールを出来なくはないのだけれど
折角初めての滋賀なので、近江八幡や大津あたりの寺社も回りたい。
ということで草津でホテルの予約。
残りは25キロくらい、がんばろう。
スポンサーサイト
[ 2013年09月16日 13:46 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。