ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/4/29】吉御子神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/29】吉御子神社

吉姫神社を後にして吉御子神社へ。
1キロほどしか離れていないので自転車ですぐです。

15:16 吉御子神社到着

H25042904吉御子神社

■吉御子神社
創建:伝・崇神天皇時代
祭神:吉彦命・鹿葦津姫命・吉姫命

先の吉姫神社と対になる吉御子神社。
こちらは社伝があるので由来もちゃんとはっきりしている。
崇神天皇六十八年に石部山に神降があり、
垂仁天皇二年に宇加之彦の子、吉比古・吉比咩の神を
谷黒の御前に祀ったのが創祀とされる、とのこと。
「宇加之彦」の経歴がぐぐっても出てこないなぁ。
宇迦之御魂神と関連性があるのかないのか。
宇迦之御魂神といえば伊勢神宮外宮の祭神の豊受大神と同一視されているし
伊勢への街道でもあるし、伊勢と古くから関わりがあった可能性は高い…
「宇加之彦」について追求している地元の郷土資料はないものかな。
石部山は吉御子神社の南西、裏手にある小高い丘のことだろうか。
今で言う雨山・丸山地区周辺かな。
調べると古くは金が掘れ、江戸時代には銅山があったというので
霊山として信仰があっても不思議じゃないな。
後には石部山を神体山とする山岳信仰も盛んになったとあるし
吉御子・吉姫神社の信仰が篤かった事もわかる。
811年、災害により石部の町の東西に分社され、
西側に鎮座したと伝わるのが吉御子神社です。
東側が吉姫神社になります。
祭神は吉彦命で吉姫神社の吉比女大神と男神女神の関係でもある。
となると先の吉姫神社は9世紀にはあったということかな。

DSC_5891.jpg

こちらも5月1日が例祭なのだけれど、吉姫神社のように
祭りの準備をしているようではなかったなぁ。
参拝者は自分ひとりしかいなかったので
落ち着いて色々見られました。
と、改めて考えるとあまり混んでいる時期に寺社へお参りしないので
大概絵馬までしっかり見れます。

ご朱印を頂いて宿のある草津駅方面までラストラン。
スポンサーサイト
[ 2013年10月01日 11:54 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。