ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/4/30】園城寺別所水観寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/4/30】園城寺別所水観寺

三尾神社をお参りして、すぐに園城寺内。
三尾神社を含む長等山に在する坊や堂を含めて園城寺なので
高野山や比叡山のように、山が一つの信仰の対象だったのかな。

H25043003三井寺水観寺

■長等山園城寺 別所水観寺
創建:1040年
宗派:天台寺門宗
本尊:薬師如来

明尊大僧正によって創建された園城寺の五別所寺院のひとつ。
父は兵庫頭・小野奉時で、三蹟・小野道風は祖父にあたります。
その祖父は小野篁。
小野氏の祖は天足彦国押人命で孝昭天皇の第 1皇子。
天足彦国押人命は滋賀県大津市小野の小野神社に祭られています。
園城寺近くに小野氏所縁の地があるので
地理的には縁遠からずという感じもする。
天足彦国押人命-和珥氏-春日氏-小野氏という支族の流れ。
和珥氏と百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えたとされる王仁は
無関係なのだろうか。
天智天皇が近江京へ遷都した際に多くの百済系移民や帰化人を引き連れていたというし、
小野氏の出自と百済に関係はあるかもしれない。
余り根拠はないけどw

DSC_6163.jpg

園城寺は思ったよりも広いみたい。
とりあえず三尾神社から一番近い水観寺から入ってしまったけど
やはり大門から入るべきだったかな…
天候不良と平日も相俟って観光客は少なめ。
大きな寺社は参拝客が多いので良かった。
まぁ平日に有給を入れて自転車で走り回ってるのも
いいご身分であるが。。

さて、園城寺には役小角を祭る神変大菩薩がある。
三井寺と修験道が平安時代以降は強く結びついていたようです。
また、新羅善神堂という新羅明神坐像を祭るお堂もあり、
像は国宝で秘仏になっています。
円珍が唐からの帰途、 老翁が船中に現れて自ら新羅明神と名のり、
教法加護を約したといわれ、新羅明神を祭るようになりました。
智証大師円珍の母は空海の姪御であり、名門佐伯氏娘で、
嫁いだ先は和気氏であるので空海とも縁がある。
和気氏は備前国和気郡(岡山県)を本拠とした豪族で、
垂仁天皇の皇子鐸石別命を祖とする。
和気氏の始祖は新羅系移民の秦氏であるといわれ、
和気氏の円珍の渡航を同族の秦氏がサポートし、
守護神である新羅明神祭ったと考える。
新羅-秦氏-和気氏-円珍
古代の日本には多くの朝鮮半島からの移民棄民が渡来しており、
彼らが先進技術を持って大和朝廷をサポートし影響力があったわけで
百済系移民と新羅系移民が大和朝廷内で派閥抗争をしていた部分もある。
そこを追いながら古代史を考察するのもまた愉しい。
園城寺はそういう意味でも奥が深いので続きます。
スポンサーサイト
[ 2013年10月08日 23:36 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。