ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/1/5】日本橋七福神・水天宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/1/5】日本橋七福神・水天宮

茶ノ木神社をお参りして5分くらいで着く距離にあります。
云わずと知れた安産の神様。
戌の日は妊婦さんや赤子を抱いた家族が列を成しています。
犬は多産だからそれにあやかってるとかなんとか。
福岡県久留米市にある久留米水天宮から文政元年(1818年)9月、
9代藩主有馬頼徳が三田の久留米藩江戸上屋敷に分霊を勧請したのがはじまり。
元は今の港区三田にあったところから赤坂に遷座し、
明治5年(1872年)に有馬家中屋敷のあった現在の日本橋蛎殻町二丁目に移転したそうです。

■水天宮
創建:1818年
祭神:天御中主神
  安徳天皇
  高倉平中宮(建礼門院徳子)
  二位の尼(平時子)

H25010503日本橋七福神水天宮

祭神の天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は古事記でも
天地開闢の際に高天原に最初に出現した五柱の別天津神の一柱。
名前の通り「天の中心の神」としてとても徳が高い響きだけど
古事記に名前が出てくるだけでその後の系譜にはあまり関わりがない。

久留米の水天宮の由来は壇ノ浦の戦いで崩御した安徳天皇や平家一門の鎮魂のために
霊を祀る祠を作ったことから始まるので祭神に安徳天皇がいます。
天皇の諡号に「徳」が付く場合は鎮魂慰霊のためなので
わずか9歳で戦禍に巻き込まれた不遇の帝です。
入水して亡くなられたため「水天皇」とも呼ばれたところから
「水天宮」水の神として祀られています。

さてその「水の神」としての性質も持つ仏教の神「水天」と
習合されたのが天之水分神(アメノミクマリノカミ)だったので
この神と似た名前を持つ天御中主神が一緒になってしまったんじゃないかと思う。
まぁ想像だけど。
この「ミクマリ」という言葉が「身篭もり・御子守」に通じるため
安産や子育ての神としての信仰もできたとのこと。
さて、この「水天」は仏教における天部の一人で、
須弥山の西に住んでいるとされており
水の神でもあり、龍を支配する神とも言われていて
もともとはインドの古いアスラ族のヴァルナであって
天空神・司法神(=契約と正義の神)・水神などの属性をもたされたました。
ヴァルナは西方ではアフラマズダとなりゾロアスター教の最高神となった経緯もあるため
水天=天御中主神が最高神であり、宇宙の中心としての神であることに
偶然なのか、意図的なのか。

DSC_2719.jpg

と、そんな水天宮の七福神は弁財天。
弁財天もまた水の神であり蛇の神であり、古代インドの河の神サラスヴァティ。
水づくしですw
ご朱印は流れるような筆遣いで見ていて美しかったです。
字が下手な自分としては憧れますな。

水天宮には河童の像もあります。
水天宮の眷属が河童なので。
水天宮=水天狗=河童。
昔の人たちは言葉遊びや関連付けするのが好きだなぁw
北九州では壇ノ浦の戦いで入水した平教経の妻(母?)が河童の親分・海御前として
妖怪扱いされていることも興味深い。
方や祭神になり、方や妖怪、まぁ表裏一体か。。
DSC_2759.jpg

こんな日記を書くのに2時間近くかけているのはいかがなものか。
スポンサーサイト
[ 2013年01月19日 23:07 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。