ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/5/1】大報恩寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/5/1】大報恩寺

さて、平野神社をお参りしていたら9時を過ぎたので
改めて大報恩寺へ。

H25050101大報恩寺

■瑞応山大報恩寺
創建:1221年
宗派:真言宗智山派
本尊:釈迦如来

通称「千本釈迦堂」。
1221年、求法上人義空によって創建されました。
義空は奥州藤原氏3代藤原秀衡の孫にあたる。
千本釈迦堂は洛中で唯一、応仁の乱で焼けることなく創建当時の木造建築が残っているため
本堂は国宝とされています。
京都は応仁の乱以降戦火に見舞われることが多かったので
ほとんどの寺院が再建されたものなので
大変珍しい。
応仁の乱で西軍が陣を敷いたのがこの地で、
総大将である山名宗全の計らいで戦火を免れたといいます。
故にこの辺一体を「西陣」と呼ぶわけですね。

DSC_6464.jpg

本堂で手を合わせご朱印をお願い。
本堂への一般拝観は無料だけど
霊宝殿に入館するには500円(だったかな)を支払って中へ。
仏像の保存状態の良さもさることながら
これだけ立派な仏像を目の前で見れ、迫力があります。
六観音が勢ぞろいしている寺院はここだけとか。
2m級の仏像が多く、仏像マニア必見ですよ。

千本釈迦堂は防火対策がそれなりにしっかりしていますが
今まで見てきた寺社では防災防犯対策があまりにも緩い…
というところも幾つかありました。
この時代(伝)の仏像や厨子をそんな保管でいいの!?と。
線香の火や蝋燭から失火する寺社から放火、
果てには海外から仏像を盗みに来ては自国の国宝に据えよう、という
連中までいる昨今なので
文化財保護にはそれなりに税金を費やして管理してもいいかなと思う。


スポンサーサイト
[ 2013年10月14日 17:26 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。