ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  神社 >  【25/5/1】今宮神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/5/1】今宮神社

大徳寺を拝観した後にすぐ近くの今宮神社をお参り。
今宮神社は平成15年の3月10日に一度お参りしていました。
ご朱印帳があるといつに行ったのかをすぐに思い出せて、
前後を見るとどんなルートで歩いたかも思い出せるので
結構便利です。
て、もう10年も経つのか…

当時の今宮神社はすごく「普通」の神社の記憶しかなくて
その後に上鴨下鴨に行ったのでそっちの印象が強い…
まぁ自分の記憶なんて当てになりません。

というわけで今宮神社へ。

11:18 今宮神社到着

H25050103今宮神社

■今宮神社
創建:994年
祭神:
【本社】
中御座 : 大己貴命(おおなむちのみこと)
東御座 : 事代主命(ことしろぬしのみこと)
西御座 : 奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)
【摂社】
疫 社 : 素盞鳴命(すさのをのみこと)

今宮神社の土地は平安遷都以前からスサノオを祀る疫社があったとされています。
平安京は現代から見ればあまり衛生的な都市ではなかったので、
まぁこの時代に衛生的な都市、なんてものが世界にどれほどあったのかって思いますが…
都では疫病や災厄に悩まされ、これを鎮めるため神泉苑、御霊社、祗園社など
各地で盛んに御霊会が営まれ、今宮社の紫野御霊会もその一つです。
紫野は先に書いた風葬の地であったっため、それも一因かもそれません。
994年も大規模な疫病が流行り、
当社地の疫神を二基の神輿に齋いこめて船岡山に安置し、神慮を慰め奉って悪疫退散を祈ったのが
紫野御霊会の始まりとされ、
1001年に疫病が流行したことから、朝廷は疫神を船岡山から移し、
疫神を祀った社に神殿・玉垣・神輿を造らせて今宮社と名付けたのは今宮神社の興り。
紫野御霊会は後に今宮祭りとなり、祇園祭に並ぶ京都の祭りだったそうです。
御霊会をしていたくらいなので今宮神社にも真言宗の別当があったのかな。
どうも資料があまりない。

DSC_6689.jpg

境内へ入る楼門は朱塗りで非常に立派です。
中に入ると手作り市、フリーマーケットみたいな、がちょうど開かれていて
お参り前にちょっとひやかしつつ…
境内でこうしたマーケットや骨董市みたいなものを催している寺社は結構好き。

境内でお参りを済ませてご朱印をお願いに行くと、
社務所には結構人がいました。
今宮神社は恋愛・縁結びの神様として有名になっているとか…
10年前はそんなことなかったけどなー。
まぁ寺社も商売上手でないと保存存続もできませんので
その辺をとやかく言う気もありません。

そんな女性陣に紛れて一人並ぶ自転車おじさん。
そしたら授与品にオリジナルご朱印帳が…

http://www.imamiyajinja.org/jpn/imamiya_JPN/shou_yu_pin.html

箱根神社で新しいご朱印帳を補充したばかりだったのに
この色、この京野菜の刺繍の可愛さに一目惚れして
ついつい購入してしまいました。
字も達筆で嬉しい。

さて、本来ならこの後に玄武神社をお参りしたのでした。
スポンサーサイト
[ 2013年11月30日 11:19 ] カテゴリ:神社 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。