ご朱印びよりっ

ご朱印集めたり、イラストを書いたりと。
ご朱印びよりっ TOP  >  スポンサー広告 >  寺院 >  【25/5/2】興福寺南円堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【25/5/2】興福寺南円堂

ちょうど興福寺にお参りした期間に南円堂と北円堂の特別拝観期間で
拝観客が多かった。
なので南円堂でご朱印を頂く。

H25050202興福寺南円堂

■興福寺南円堂
創建:813年
宗派:法相宗
本尊:不空羂索観音

藤原北家の藤原冬嗣が父・内麻呂追善のため創建した八角堂。
藤原冬嗣は807年の伊予親王の変で南家の、810年の薬子の変で式家の勢力が衰えると、
嵯峨天皇の信任を得て藤原北家繁栄の礎を築いた人物です。
政変で徳をした人物が怪しいと思う性質なので
伊予親王の変も薬子の変も藤原北家の謀略じゃないかと勘繰ってしまいますが
どうなんだろうか。
伊予親王に至っては後に無罪となって追贈され、
863年に神泉苑御霊会が催された際には早良親王らと共に鎮魂されているので
死後に怨霊となって宮中で恐れられたようです。
今では上御霊神社で祭られています。
藤原薬子は平安時代最大の悪女とまで言われているけども。
変の首謀者の一人、薬子の兄・藤原仲成も専横な振る舞いが多くて憎まれていたとか。
後の人々が正史を作るわけなので
蘇我氏同様、薬子の変も再検討が必要なんだろうなぁ。
藤原仲成は863年に神泉苑御霊会で祭られた「観察使」であるとも言われるので
興味深いです。

本尊の不空羂索観音は春日明神の一柱・武甕槌神の本地仏。
特別拝観で見れたみたいです。
自分は結局南円堂・北円堂の特別拝観に参加しなかったのですが
やっぱり見ておけばよかったなぁ…
後悔するくらいなら見ておけよと。
この後、40キロくらい走ったり、明るいうちに着きたいしとか
完全にこの旅行での出費に足が出てるし、とか
うだうだ考える前に行けばよかった。

DSC_7003.jpg
スポンサーサイト
[ 2014年01月11日 10:46 ] カテゴリ:寺院 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。